Dr. Okubo

日本磁気歯科学会

理事長 大 久 保 力 廣

このたび、大川周治前理事長の後任として、2019、2020年度の日本磁気歯科学会理事長に選任いただきました鶴見大学の大久保力廣です。本学会を代表致しまして、ご挨拶を申し上げます。

日本磁気歯科学会は平成3年(1991年)に設立後、平成21年(2009年)に日本歯科医学会の認定分科会として、さらに平成28年(2016年)には一般社団法人日本歯科医学会連合の準会員として承認されました。歯科における重要な一専門学会として、さらなる貢献が期待されています。

本学会の目的は、磁気歯科学の進歩普及を主軸に、歯科医療の発展向上および健康維持増進であり、磁性アタッチメントだけでなく、磁界や磁力に関する基礎研究から臨床への多様な磁気応用の実践まで、幅広い活動を行なっております。

本学会がこれまで行ってきました事業としては、①学術大会(年1回の全国大会および国際磁気歯科インターネット会議)の開催、②学会雑誌の発行(年2号)、③磁性アタッチメントの国際規格化(ISO13017の取得:2012年7月15日)、④磁性アタッチメント装着者を対象としたMRI安全基準マニュアル(2013年度版)および患者説明用リーフレットの作成とその周知活動、⑤磁性アタッチメントの診療ガイドライン作成、⑥認定医・認定歯科技工士の認定、⑦表彰制度規程の整備と表彰事業の実施、⑧磁性アタッチメント応用症例の長期的術後調査による臨床評価システムの構築などが挙げられます。また今後は、さらなる磁気歯科医療の発展向上に向け、①磁性アタッチメントの保険収載に向けた賛助会員との連携、②各都道府県歯科医師会との学術的連携、③磁性アタッチメントの多施設連携による臨床評価の実践、④HPを活用した磁性アタッチメントに関する学術的情報発信の充実等の事業を、会員の皆様のご意見をいただき、情報の共有を図りながら展開していきたいと考えております。

磁性アタッチメントの一層の普及に向けて、会員増強による組織の体制強化を図りながら、本学会から国内外へと推進、展開していく所存です.そのためには役員や各委員会委員の先生方をはじめ、会員の諸先生方のご理解とご協力が不可欠です。今後とも、本学会発展のために一層のご指導ご鞭撻を賜りますとともに、ご支援いただきますよう心からお願い申し上げます。

2019年1月1日

 

Comments are closed.