Prof. Takada

ご挨拶

1969年に米国でSm-Co磁石が、1983年にはさらに磁気特性に優れたNd-Fe-B磁石が国内で開発され、近年において永久磁石の革命的な進歩が訪れました。小型で吸着力の極めて大きなこれらの希土類磁石に魅了された産学歯医の有志が、磁石の歯科利用を目指して集い、研究会を経て平成3年(1991年)に日本磁気歯科学会が設立されました。研究会の期間を含め、十数年をかけて企業(産)、大学(学)、歯科医師(歯医)の協力の下に開発が進められ、設立翌年の平成4年(1992年)に磁石の歯科臨床応用の第一歩として、義歯の維持装置である磁性アタッチメントが市販されました。

30年の歴史を持つ本学会は、平成21年(2009年)に日本歯科医学会の認定分科会となり、平成28年(2016年)には一般社団法人日本歯科医学会連合の準会員として承認され現在に至っています。歯科における重要な一専門学会として、また、磁気や磁界を歯科応用する特殊性を持つ学会として歯科医療にさらなる貢献が期待されています。

本学会の目指すところは、歯科医療の発展向上および国内外の健康維持増進を実現することです。その目標への到達は、維持装置としての磁性アタッチメントに加え、電磁気学の歯科応用を主軸とした基礎的研究や様々な磁気応用デバイスの開発とその安全性評価を含む歯科臨床応用に至る幅広い活動、すなわち「磁気歯科医療」によって一歩ずつ進められています。

本学会では、その目標を踏襲し以下の事業を継続的に行ってきました。

  1. ①学術大会(年1回の全国大会および国際磁気歯科インターネット会議)の開催
  2. ②学会雑誌の発行(年2号)
  3. ③磁性アタッチメントの国際標準規格の策定(ISO 13017:2020発行)
  4. ④磁性アタッチメント装着者を対象としたMRI安全基準マニュアル(2013年度版)および患者説明用リーフレットの作成とその周知活動
  5. ⑤磁性アタッチメントの診療ガイドライン作成
  6. ⑥認定医・認定歯科技工士の認定
  7. ⑦表彰制度規程の整備と表彰事業の実施
  8. ⑧磁性アタッチメント応用症例の長期的術後調査による臨床評価システムの構築

本学会が設立されて30年の節目が過ぎ、磁性アタッチメントの保険収載が間近に迫った新しい時代を迎えようとしています。本学会では、磁性アタッチメントの臨床的評価が高まってきたことを真摯に受け止め、各都道府県歯科医師会との学術的交流や磁性アタッチメントの臨床評価の実践を強化することを進めています。さらに、ホームページを活用した磁性アタッチメントに関する学術的情報の発信に加え、磁性アタッチメントを利用した歯科治療例や補綴装置の製作方法を臨床的・技工的情報のアーカイブとして構築する新たな試みを計画しており、会員の皆様のご意見を頂戴し、情報共有を図りながら展開していきたいと考えています。同時に、これらの情報を広く発信することで、磁性アタッチメントの臨床応用の拡大と臨床的・技工的技術を習得した歯科医師や歯科技工士の育成拡大の一助にしたいと考えています。

Covid-19による未曽有の試練を乗り越えるべく、磁性アタッチメントの益々の普及と本学会の進展を微力ながら推進する所存です。日本磁気歯科学会の活動において、役員並びに各委員会委員の先生方をはじめ、会員の皆様からのご理解とご支援が得られれば幸甚です。本学会発展のために一層のご指導を賜りますと共に、ご協力のほどを心よりお願い申し上げます。

2021年1月吉日

理事長 髙 田 雄 京

 

Comments are closed.