日本磁気歯科学会認定歯科技工士制度規則

第1章 総則
第1条  本制度は,磁気歯科学の専門的知識および技工技能を有する歯科技工士を養成することにより,医療水準の向上を図り,もって国民の保健福祉の増進に寄与することを目的とする.

第2条  前条の目的を達成するために日本磁気歯科学会(以下「本会」という)は,日本磁気歯科学会認定歯科技工士(以下「認定歯科技工士」という)の制度を設け,認定歯科技工士制度の実施に必要な事業を行う.

第3条  認定歯科技工士は,磁気歯科学領域における診断と治療のための高い歯科技工技術を修得する.

第2章 認定歯科技工士の条件
第4条  認定歯科技工士は,次の各号をすべて満たさなければならない.
(1) 本会正会員であること.
(2) 本会学術大会(本会の認める学術大会を含む)に出席すること.
(3) 磁気歯科学に関連する研究活動に参加・発表を行うこと.
(4) 磁気歯科学に関連する領域の歯科技工を行うこと.

第5条  前述に拘わらず,本会理事会が特別に認めた場合には認定歯科技工士になることができる.

第3章 認定歯科技工士申請者の資格
第6条  認定歯科技工士の資格を申請できるものは,次の各号の全てを満たすことを必要とする.
(1)日本国歯科技工士の免許を有すること.
(2)認定歯科技工士申請時において,3年以上連続した本会の会員歴を有すること.
(3)第4条の認定歯科技工士の各号に掲げる条件を満たすこと

第4章 認定歯科技工士の申請
第7条  認定歯科技工士の資格を取得しようとするものは,本会に申請し,資格審査を受け認証されなければならない.

第8条  認定歯科技工士申請者は,別に定める申請書類を認定手数料とともに本会事務局に提出しなければならない.

第5章 認定審議委員会
第9条  認定歯科技工士としての適否は,日本磁気歯科学会認定医制度規則に定められた認定審議委員会(以下「審議会」という)により審査する.

第6章 認定歯科技工士登録
第10条 審議会の審査に合格した者は,所定の登録料を納入しなければならない.

第11条 本会は前項に基づき認定歯科技工士登録を行い,合格者に認定証を交付するとともに,日本磁気歯科学会雑誌及び本会総会において報告する.

第7章 資格の更新
第12条 認定歯科技工士の認定期間は12月1日より5年後の11月末日とする.
第13条 認定歯科技工士は,5年ごとに資格の更新を行わなければならない.

第14条 認定歯科技工士の資格の更新に当たっては,5年にわたる認定期間の間に別に定める条項を満たさなければならない.

第15条 資格更新申請者は,別に定める更新申請書類を更新手数料とともに本会事務局に提出しなければならない.

第8章 資格の消失
第16条 認定歯科技工士は,次の各号の条件を欠いたとき,審議会の議を経て,その資格を失う.
(1) 本人が資格の辞退を申し出たとき.
(2) 日本国歯科技工士の免許を喪失したとき.
(3) 本会会員の資格を喪失したとき.
(4) 認定歯科技工士資格の更新手続きを行わなかったとき.
(5) 審議会が認定歯科技工士として不適当と認めたとき.

第17条 認定歯科技工士の資格を喪失した場合であっても,喪失の理由が消滅したときは,再び認定歯科技工士の資格を申請することができる.

第9章 補 則
第18条 審議会の決定内容に異議のある者は,理事長に申し立てることができる.

第19条 この規則の改定については,理事会の承認を必要とする.

附  則
規則施行にともなう暫定処置
第1条 本会の正会員であって,日本国歯科技工士の免許を有し,本会が認める学術集会または機関誌に磁気歯科学に関する発表を行った者は,申請により認定歯科技工士となることができる.また,特に理事会の認めた者に関しては,この限りではない.
第2条 附則第1条を満たし認定歯科技工士の資格を申請する者は,次の各号に定める書類に認定手数料を添えて本会事務局に提出しなければならない。
(1) 認定歯科技工士申請書(様式1)
(2) 履歴書(様式2)
(3) 歯科技工士免許証の写し
(4) 本会会員歴証明書(様式3)
第3条  暫定処置期間中の審議会は,理事がこれにあたる.
第4条 本会の会員歴が通算3年以上の者は、申請により認定歯科技工士となることができる。また,特に理事会の認めた者に関しては,この限りではない.
第5条  暫定処置の期間は,本制度発足より3年間(平成27年 11 月 14 日より平成 30年 11 月の理事会開催予定日まで)とする.
第6条  暫定処置期間中の申請締切は年2回(6月30日・12月31日)とする.

この規則は,平成27年 11 月 14 日から施行する.

 

Comments are closed.